ビジネスマンのSNS活用。LINEは会話、Facebook・Twitterは情報収集のために

JR東海エージェンシー、ビジネスパーソンのソーシャルメディアの使用目的・活用術に関する調査結果を発表

2015/08/31
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

ジェイアール東海エージェンシーは2014年12月に実施したインターネットリサーチを元に、ビジネスパーソンのソーシャルメディア利用に関する調査結果を発表した。
主なポイントは以下の通り。

・Facebookは「情報の取得・発信・拡散」のため、Twitterは「情報取得」「独り言」のため、LINEは「会話」のために多く活用されている。
・企業アカウントに対してのアクションについて、Facebookは79.3%、Twitterは71.4%が経験ありと回答。
【PDF】

---- ビジネスパーソンの「ソーシャルメディア」に関する調査 2014 ジェイアール東海エージェンシー
参照元:https://www.jrta.co.jp/pdf/person/person_vol4.pdf
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!