日本人はSNS利用に消極的傾向

デロイト、デジタルメディア利用実態に関するグローバル調査結果を発表

2015/08/31
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

デロイトトーマツは、8カ国計17,689人を対象に日本のメディア利用状況を分析するための調査を実施した。
主なポイントは以下の通り。

・中国、アメリカ、ドイツ、オーストラリア、中国と比較した際のSNSへの日本人の投稿頻度は大きく差をつけて最も少ない。
・利用目的は各国共通で「友人や家族の状況を知るため」である。

2014/9/17 「デジタルメディア利用実態グローバル調査 2014」の結果を発表 デロイトトーマツコンサルティング
参照元:http://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/news-releases/nr20140917.html
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!