ECサイトユーザー、利用決定時にはサイトの知名度よりもセキュリティ対策状況を重視

GMO-PG、ECサイトの利用実態調査を実施

2015/08/31
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

GMOペイメントゲートウェイは、ECサイト利用実態調査を実施した。
主なポイントは以下の通り。

・ECサイトで購入する商品は1位「食品」(54%)、2位「書籍」(50%)、3位「家電」(43%)、4位「日用品」(40%)、5位「趣味・嗜好品」(39%)
・各年代に共通してECサイトでの購入は「食品」が多い。
・利用するECサイトを選ぶ際、ユーザーの約50%が「セキュリティ対策」も重視。
・リピート要因は「信頼できるサイト」。信頼性のカギは「サービス認知」より「セキュリティ」。
・ECサイトの利用不安は「商品に関すること」より「個人情報の漏洩」。

2015/7/2 直営ECサイト利用ユーザーに『ECサイト利用実態調査』を実施~リピート率は96%、その要因は「信頼できるサイト」がNo.1~ GMOペイメントゲートウェイ
参照元:https://www.gmo-pg.com/news/3265/3511/
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!
タグ: