インターネット利用時間シェア、スマートフォンが70%

ニールセン、Eコマースのインターネット利用動向を発表

2015/08/31
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

ニールセンは、PCとスマートフォンからの利用時間に関する最新動向を発表。特にEコマースに焦点を当てている。
主なポイントは以下の通り。

・PCとスマートフォンを合わせたインターネット利用時間全体のうち、スマートフォンからの利用は70%を占める。
・利用時間の長い3カテゴリでスマートフォンからの利用をみると、「エンターテイメント」が72%、「サーチ、ポータルとコミュニティ」が71%、「Eコマース」が49%。
・Eコマースのサービス別のスマートフォンからの利用は「大手ECサイト」「ファッションサイト」が、スマートフォンからの利用時間がPCを上回り、「通販会社サイト」はPCからの利用時間が多い。

2015/8/25 「大手ECサイト」や「ファッションサイト」はスマートフォンからの利用時間がPCを上回る~ ニールセン、「Eコマース」の利用状況を発表 ~ ニールセン
参照元:http://www.netratings.co.jp/news_release/2015/08/Newsrelease20150825.html
元の記事を読む
タグ: