証券取引、スマートフォンアプリ経由が大幅拡大――楽天証券、マネックス証券

2015/12/01
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

楽天証券では、2012年6月に10%だったスマートフォンアプリ経由の取引が大幅に拡大し、2015年8月には30%に到達。2015年の新規口座開設者の52%がアプリを利用。
スマートフォンからの利用が多い投資初心者向けアプリ「あすかぶ!」を開発し、実際の株取引への入り口としている。
マネックス証券は、2015年1月、無料アプリ「answer」を提供開始。
ユーザーが投資スタイルを決めるだけで、約6000もの投資信託から最適なものを薦めてくれる。
野村ホールディングスも12月に「金融イノベーション推進支援室」新設を予定するなど、フィンテック関連のベンチャーへの出資も活性化しており、伸びるスマートフォン取引に、証券各社の対応が進む。

2015/11/26 ネット証券スマホ取引3割へ、進む金融のIT化 DIAMOND online
参照元:http://diamond.jp/articles/-/82166
元の記事を読む
タグ: