「既読」がつかないTwitterは、LINEより気軽に会話が始められる

2015/12/11
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

ニールセンのアナリストの中村氏が、10代のコミュニケーション関連サービス利用に焦点を当てる。
LINEは最も利用されているが、Twitterでも友人同士で会話。10月の調査では、LINEの利用率が92%、Twitterはこれに迫る80%。積極的に投稿され、DMも利用されている。
動画投稿サービスでは、MixChannelやVine、ツイキャスが人気。
今の10代は器用にサービスを使い分けており、企業がマーケティングを考える際、理解できないからと拒否せず、さまざまなサービスの利用を体験してみる姿勢が重要だとする。

2015/12/8 10代のコミュニケーション関連サービスの利用動向について探る ニールセン
参照元:http://www.netratings.co.jp/email_magazine/2015/12/20151208.html
元の記事を読む
タグ: