Instagramの広告を閲覧したユーザーの2割が、動画広告からアプリをダウンロード

2016/03/08
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

ジャストシステムがモバイル&ソーシャルメディア月次定点調査の結果を発表。
Instagram利用者で、企業のスポンサー広告に接触したことのあるユーザーは45.3%。うち、静止画広告からサイトを訪問した経験があるユーザーは31.5%、動画広告からサイトを訪問した経験があるユーザーは26.0%。静止画広告からアプリをインストールした経験があるユーザーは23.3%、動画広告からアプリをインストールした経験があるユーザーは20.5%だった。
また衣料品購入時、約4割のユーザーが実店舗で気になるアイテムを実際に見た後、ポイントなどがもらえるサイトで購入している。

2016/3/4 Instagram広告閲覧者の2割が、動画広告からアプリをダウンロード Marketing Reserch Camp
参照元:https://marketing-rc.com/report/report-monthly-20160304_b.html
元の記事を読む