eMarketerなどが指摘するモバイル広告の成長。2017年にネット広告がテレビ広告を追い抜くとの予測も

2016/04/13
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

eMarketerが、米国の広告市場に関するレポートの中で、2016年のインターネット広告への支出額を、対前年比15.4%増の688億2,000万ドル(約7兆4,000億円)と予測。これはメディア広告全体に対する支出額の35.8%を占め、テレビの36.8%と同程度。2017年にはテレビを抜くと予測されている。この伸びを牽引しているのがモバイル広告、「ディスプレイ広告」(ネイティブ広告、動画広告を含む)だとする。
モバイル広告の成長は、米調査会社IHSもレポートで指摘。2020年までにディスプレイ広告費の75%以上がモバイルとなり、その額は845億ドル(約9兆1,400億円)と予測。そのうちネイティブ広告の伸びが非常に大きいとしている。
モバイルのディスプレイ広告、特にネイティブ広告は成長しているが、ネイティブ広告に関するフォーマットや技術などの認知の不足や、費用体系や効果測定方法が未発達であることが課題として指摘されている。
【一部会員限定】

2016/4/12 モバイル連動で大躍進、ネット広告がテレビ広告を追い抜くXデーは2017年 ITproマーケティング
参照元:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/15/102900129/041100023/
元の記事を読む