スマートフォンからのEコマース関連サービス利用者は5,000万人に迫る規模に ――ニールセン調査

2016/06/30
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

2016年5月について、スマートフォンからのEコマースサービスの利用状況を分析。
利用ユーザーは4,857万人(対前年同月比15%増)。
上位5サービスは順に、Amazon(3,339万人)、楽天市場(3,181万人)、Yahoo!ショッピング(1,876万人)、ニッセン(786万人)、オムニ7(741万人)。アプリの利用者数の増加が大きく、前年同月から、Amazonは67%、楽天市場は76%、Yahoo!ショッピングは199%伸びた。
Amazonと楽天市場で、上位5サービスの重複利用率をみると、70%以上が併用していた。

2016/6/28 スマートフォンからのEコマース関連サービス利用者は5,000万人に迫る規模に成長 ~ニールセン、スマホユーザーの最新Eコマース利用動向を発表~ ニールセン
参照元:http://www.netratings.co.jp/news_release/2016/06/Newsrelease20160628.html
元の記事を読む