2015年の国内IT市場規模、成長率を押し上げたのは、銀行とオムニチャネル投資が進む小売

2016/07/06
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

国内産業分野別のIT支出について、2015年下半期の実績を分析し、2016年~2020年の市場規模を予測。
2015年の国内IT市場規模は14兆6,284億円で前年比成長率は-0.6%。通信/メディア分野が全体の成長率を押し下げたが、大型案件が継続する銀行とオムニチャネル推進に関連する投資が進む小売が押し上げたという。
2016年の国内IT市場規模は14兆5,683億円で前年比成長率は-0.4%とし、2015年~2020年の年間平均成長率は0.8%、2020年の市場規模は15兆2,413億円と予測。東京オリンピック/パラリンピックに向け、クラウド、ビッグデータ/アナリティクス、モビリティ、ソーシャル技術やIoTを活用した社会インフラ整備に関連する投資が成長率を押し上げるとみる。

2016/7/4 国内産業分野別 IT支出動向および予測を発表 IDC Japan
参照元:http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20160704Apr.html
元の記事を読む
タグ: