国内の動画サイト利用、35歳以上の層で、Facebook視聴の多さやTeadsのリーチの高さ目立つ ――コムスコア調査

2016/07/08
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

国内のPC経由の動画ストリーミングサイト利用動向に関するレポートを発表。
2016年4月のオンライン動画プロパティの国内トップはGoogle Sites(Youtube.comを含む)で4,296万ユニークビューワー数。以下、Yahoo Sites(GYAO!を含む)が3,322万、Twitterが1,332万と続く。
34歳以下と35歳以上で利用動向に差異がみられた。34歳以下の層では、Kadokawa Dwango Corporationが4位以内にランクイン。35歳以上の層では、Facebookで動画を視聴するユーザーがKadokawa Dwango Corporationより多く、動画広告配信のTeadsのリーチの高さが目立った。

2016/7/4 日本の動画サイト利用動向の2016年4月データを公開  年齢層により異なる視聴傾向が明らかに コムスコア
参照元:http://www.comscore.com/jpn/Insights/Market-Rankings/comScore-Releases-Japan-Desktop-Online-Video-Rankings-for-April-20152
元の記事を読む