スマートフォンアプリ、利用時間、利用頻度が増加。月1回以上利用するアプリは30個に ――ニールセン調査

2016/10/28
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

2016年7月のアプリ利用状況を分析。
スマートフォンから月に1回以上利用するアプリの個数は30個、2回以上利用するアプリは22個、10回以上利用するアプリは12個。2年前と比べそれぞれ3個増加したという。
カテゴリー別にみると、月に1回以上利用されているアプリのTOP3は、ゲームや動画を含む「エンターテイメント」、「効率化/ツール」、「サーチ、ポータルとコミュニティ」。「Eコマース」で利用個数の伸びが大きかった。
利用時間が長い順に、上位20%を「ヘビーユーザー」、下位の20%を「ライトユーザー」とすると、月に1回以上利用するアプリの個数は、ライトユーザーが13個、ヘビーユーザーが43個。10回以上利用するアプリは、ライトユーザーが4個、ヘビーユーザーが18個。

2016/10/26 ニールセン スマホアプリの利用状況を発表 ~ スマホで月1回以上利用するアプリは平均30個、2年前より3個増加 ~ ニールセン
参照元:http://www.nielsen.com/jp/ja/insights/newswire-j/press-release-chart/nielsen-pressrelease-20161026-smartphone-apps.html
元の記事を読む