BtoCのEC市場、2022年度に26兆円に成長 ――野村総研予測

2016/11/25
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

ICTとメディアに関連する主要5市場「デバイス」「ネットワーク」「プラットフォーム」「コンテンツ配信」「ソリューション」について、動向分析と市場規模を予測。
世界の携帯電話端末の販売台数は、2014年度の19億8,800万台から、2022年度には22億7,700万台へとゆるやかに成長。BtoCのEC(企業と消費者間の電子商取引)市場は、2015年度に15.4兆円になり、2022年度には26兆円になると見込む。携帯端末の普及にともない、時間や場所を問わずECを利用できるようになってきたことが、市場の成長を後押しするとする。
ほか、2015年度から2022年度にかけて、動画配信市場は1,531億円から2,188億円に、IoT市場は5,200億円から3.2兆円に、それぞれ成長すると予測。

2016/11/21 2022年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望 ~AIやIoTを使いこなす「真のICT先進国」への道筋~ 野村総合研究所
参照元:https://www.nri.com/jp/news/2016/161121_1.aspx
元の記事を読む
タグ: