国内総広告費は5年連続でプラス成長、インターネット広告媒体費が初の1兆円超え ――「2016年 日本の広告費」

2017/02/24
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

電通が発表した「2016年 日本の広告費」についての解説。
総広告費は前年比101.9%の6兆2,880億円。うちインターネット広告費は、同113.0%と2桁成長し1兆3,100億円。ネット広告の内訳は、媒体費が1兆378億円(同112.9%)、制作費が2,722億円(同113.4%)。媒体費のうち運用型広告費が同118.6%の7,383億円。
マスコミ四媒体広告費は、前年比99.6%の2兆8,596億円。プロモーションメディア広告費は同98.9%の2兆1,184億円。
新たな注目点は、「テレビスポット×運用型動画連動」のメディアプランニング需要の増加。また、デマンドサイドプラットフォーム(DSP)ベンダー各社によるジオターゲティング(ユーザーの位置情報や地域情報を元にしたターゲティング)機能の強化や、広告会社、メディアレップによるロケーションベースマーケティングの更なる強化など、位置情報だけでなく、過去の滞在情報を元にしたプランニング案件が増加している。

2017/2/23 2016年 日本の広告費 電通
参照元:http://www.dentsu.co.jp/news/release/2017/0223-009179.html
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!